192.168.8.1

IPアドレス 192.168.0.1 と同様 192.168.1.1 主に生産会社の大部分のゲートウェイに使用されています。 IPアドレスについて話し合いましょう 192.168.8.1 &IPアドレスへのログイン方法や、必要なログインIDが不足している場合に行う必要があることについても説明します。

IPアドレスと同様 192.168.1.1 or 10.0.0.1、 IPアドレス 192.168.1.1 ルーターの構成パネルを開始するために使用されるホストIPアドレスです。 IPアドレス 192.168.8.1 IANAは私的使用のみに登録されています。 ローカルエリアネットワーク内では、このIPアドレスのみを使用でき、インターネット経由で使用することはできません。

このIPアドレスを利用できます 192.168.8.1 ルーター管理パネルを開いて、デフォルト設定にいくつかの変更を加えるため。 このような変更には、パスワードとユーザー名の変更、ネットワーク設定、ファイアウォールの追加、およびデバイス設定が含まれます。

IPアドレス 192.168.8.1 プライベートネットワーク内のさまざまなシステムとの通信に使用されます。 ログイン手順を導入することにより、ネットワークツールの設定にも使用されます。

専用ネットワークですので、さまざまなネットワークで同時にシリアルオーダーで使用できます。 インターネットに接続されていないPCは、IP / TCPインターネットプロトコルによって相互に対応します。

普及しているルーターモデルの大部分は、IPアドレス192.168.8.1を適用してインターネット接続を決定します。 このようなルーターにはデフォルトのユーザー名とパスワードがあり、ユーザーの要件に合わせて変更できます。 このIPを使用するルーターのブランドには、3JTech、Nexx、Medialink、およびAdaptecはほとんど含まれていません。 初回購入時には、すべて工場出荷時の設定で出荷されます。

ルーターにログインする場合、IPアドレスは重要です。

最初のステップ Webブラウザーを開いて、リンクにURLを入力する http://192.168.8.1 テキストフィールド& '入力します'キー。

新しいウィンドウが開き、ログインIDが表示されます。 ルーターのインターフェースにアクセスするには、 デフォルトのパスワードとユーザー名.

デフォルトのIPアドレスのXNUMXつは 192.168.8.1、しかしとは異なり 192.168.0.1 or 192.168.1.1 企業がこの内部アドレスを使用することはあまりありません。 ほぼすべてがそれを使用しないと言うのは合理的でしょう。 これらは同様の機能を持っているため、単にこれに同意しません。ルーターのWebインターフェースへの入力に使用されます。

通常 192.168.8.1 さまざまな会社で使用されています。 Huawei社 それらの中で最も有名です。 デフォルトの内部アドレスとして、ホームワイヤレスルーターで他のIPも使用します。

準備

まず、ワイヤレスホームルーターにログインするためにインターネット接続は必要ないことを知っておく必要があります。 構成ルーターのWebページは、主に管理パネルまたはWebインターフェースと呼ばれます。 ルーターには内部に含まれているため、このWebページをWorld Wide Webにすることはできません。

ルーターにログインしようとすると、いくつかの問題が発生する場合があります。 IPアドレスを書き込んだ後、ログインウィンドウが表示されない場合は、間違った内部アドレスを書き込んでいる可能性があります。 まず、IPアドレスを確認する必要があります 192.168.8.1 ルーターのデフォルトアドレスです。

あなたがIPリストを持っているデバイスの所有者である場合& 192.168.8.1 アドレスが間違っていると、ブラウザのアドレスバーにログインウィンドウが表示されます。 次に、デフォルトのユーザー名とパスワードを使用する必要があります。

ログイン情報192.168.8.1

以前は、他のルーターのWebインターフェースで記述したことがある場合、IPアドレスが記載されているデバイスでのログインに問題はありません。 主な違いは常に情報の識別ですが、それでも大きな問題があります。

ルーターにログインしようとすると、 自分のユーザー名とパスキーをリセットする、まだ主にログインウィンドウの指定された領域に識別情報を書き込む必要があります。

これらのパスワードとユーザー名を操作するルーターへのログインに問題がある場合は、Googleに表示される他の組み合わせを試すか、デバイスを工場出荷時のデフォルトに戻すことをお勧めします。 リセット後、行ったすべてのバリエーションは空になります。

IPアドレス192.168.8.1のトラブルシューティング

ある時点で、ルーターでさまざまな問題が発生することがよくあります。 ログイン画面を通過できない場合は、考慮が必要な要素がいくつかあります。 インターネットが安定していて変動していないことを確認してください。 もうXNUMXつのオプションは、コマンドプロンプトを使用してデフォルトゲートウェイを確認することです。 ユーザーインターフェイスにアクセスするために誤ったIPアドレスを使用している可能性があります。 さらに支援が必要な場合は、インターネットサプライヤーに問い合わせることもできます。

このIPアドレスにログインして必要な変更を行うには、いくつかの要件があります。 ルーターのネットワークの近くにいること、またはルーターのネットワークに入ることが最も重要です。これは、ルーターと同じネットワークにリンクして、ファームウェアの重要な変更を行う必要があります。これは、専用のIPアドレスだからです。 このIPアドレスに関する最大の制約は、WWWで見つけることができないことです。そのため、ルーターのネットワークの領域にいる必要があり、Webインターフェイスにアクセスできません。 この方法はポップアップHTML5サポートを必要とするため、Webブラウザーは複雑なもの(Google Chrome、Mozilla Firefoxなど)でなければなりません。

あなたがIPアドレスに属するルーターの管理者である場合 192.168.8.1 次にIPアドレスを使用します 192.168.8.1、ルーターに必要な変更を加えたり、ルーターのデフォルト設定を変更することもできます。

さらに、ユーザー名、パスワードの変更、ネットワーク設定の制御、ファイアウォールの設定など、このIPアドレスを使用して多くの追加を行うことができます。

IPアドレス192.168.8.1の主な機能のいくつかを次に示します。

パスワードとユーザー名の変更。

QoS&ネットワーク設定の制御。

エンドデバイスのブロック解除とブロック。

ファイアウォールとセキュリティの設定

ゲストWifiモード。

WPS設定

とはるかに。

IPアドレス192.168.8.1に属するルーターの管理Webページにログインした後、これらの設定を変更および変更できます。 IPアドレスにログインするには 192.168.8.1、アドレスバーのIPアドレスを書き込む必要があります http://192.168.8.1 ブラウザのをクリックするか、IPアドレスでルーターの管理サポートにアクセスします 192.168.8.1.

より快適に使用するには、ルーターを再度設定する必要があります。 ルーターの管理パネルで設定できる多くの設定があります。 ウェブインターフェースについて詳しく学ぶことができます。

192.168.8.1のユーザー名とパスワードのリスト

カテゴリー

最近の投稿